『40歳の童貞男』☆☆☆☆☆☆ 職場仲間が最高! ネタバレ映画レビューブログ

40歳の童貞男 ☆☆☆☆☆☆




40歳の童貞男

40歳でも友達が大事!

【ストーリー】

家電量販店で働くアンディ(スティーヴ・カレル)は、平凡だが充実した日々を送っていた。ある晩、ポーカーの最中に同僚のデビッド(ポール・ラッド)らに自分が40歳で童貞だとバレてしまい、翌日から彼の“ロスト・ヴァージン大作戦”が始まる。そんな時、向かいの店で働くトリシュ(キャサリン・キーナー)と出会い……。

【キャスト】

スティーヴ・カレル:アンディ

キャサリン・キーナー:トリシュ

ポール・ラッド:デビッド

ロマニー・マルコ:ジェイ

セス・ローゲン:キャル

ジェーン・リンチ:ポーラ

エリザベス・バンクス:ベス

ジョナ・ヒル

【スタッフ】

監督:ジャド・アパトー

製作総指揮:スティーヴ・カレル/ジョン・ポール

脚本:ジャド・アパトー/スティーヴ・カレル

音楽:ライル・ワークマン

2005年 116分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

40歳の童貞男は思ってたのとちょっと違う!

40歳の童貞男

タイトルからして中身の下品さが漂ってくるこの作品。

また変な邦題つけやがってと思って原題を見たら『The 40 Year Old Virgin』

まんまやん!

ただ、40歳の童貞男はよくあるモテない男が童貞を捨てる為にがむしゃらに女性にアタックする話ではない。

そんなパワフルではないのだ。何故なら40歳だから。

童貞に対してコンプレックスではあるけど悲壮感はない。

何ならアメコミのフィギュアを集め、ゲームやカラオケなどをして独身生活を謳歌している。

そんな彼を焚きつけたのが職場の同僚3人組。

こいつらが余計なお世話なんだけど、童貞を捨てさせようとする。

それが最高なのだ。

女性を崇拝の対象としている主人公を変えようと必死。

大人になってもこんなに友達の為に必死になれるっていいなって思う。

彼らは同僚だけど、仲良くなったきっかけは童貞と知ってからだった。

童貞万歳。

40歳の童貞男のストーリーは終盤が惜しい!

40歳の童貞男

家電量販店で働くアンディ(スティーブ・カレル)は40歳にして童貞。

彼はある晩職場の同僚にポーカーに誘われる。

そこでの会話で童貞という事がバレる。

「お前のムスコの世話は俺がする」

そんな流れで同僚3人はアンディの為にパーティーを開いたり、口説き方を伝授する。

そンなアンディの家電量販店にトリシュ(キャサリン・キーナー)がお客さんとして来る。

2人は店員と客ではあるが話が合い、トリシュは携帯番号をアンディに渡す。

トリシュとのデートを重ねいざ童貞卒業となる時、彼女の子供が部屋に現れる。

トリシュには3人の子供がいたのだ。

それでもトリシュの事を愛していたアンディはデートを続ける。

ある日、トリシュの提案で体の関係は20回目のデートまではしないと決める。

童貞という事を隠しているアンディは賛成する。

童貞という事がバレて嫌われたくなかったのだ。

そのままデートを続け、18回目のデート。

2回はおまけという事で、体の関係を持とうとするトリシュ。

それに乗り気になれないアンディは遂に喧嘩をしてしまう。

だが、最後は仲直りをし、2人は結婚。

童貞を卒業しましたとさ。


40歳の童貞男のストーリーは普通。特に大きな裏切りなどはない。

何なら終盤は少しがっかりした。

アンディとトリシュの喧嘩が唐突すぎて全然納得いかなかった。

アンディはトリシュに夢を聞かれた時に、ステレオの店を持つ事と答えていた(本気じゃなかったかもだけど)

そのお金を工面する為にアンディの大切にしていたフィギュアを売って元手にしようと2人で決めた。

だが、いざ売れ始めるとアンディは複雑な思いになったのだろう。

そしてそのタイミングでトリシュから肉体関係を迫られ怒ってしまう。

「売りたくないのに君が売らせてる」

「仕事も辞めろと」

「店を持てと言って、全部売らせてる」

こんな事を言い大ゲンカ。

この流れは全然納得いかなくて無理矢理感を感じてしまった。

ずっと上手くいっていたアンディとトリシュに山場を作らなきゃ。

そう思ったに違いない。

ただ、40歳の童貞男を見ていた女性はトリシュと同じ気持ちだっただろう。

意味わからない。何怒ってんの?

スポンサードサーチ

40歳の童貞男の同僚達の最高さ。

40歳の童貞男

ストーリーは普通の40歳の童貞男だが、登場人物は最高だった。

主演のスティーブ・カレルと彼女のキャサリン・キーナーが素晴らしいのは言うまでもない。

おじさんとおばさんの濃厚なキスシーンはなかなか見れないです。

ただ、この2人よりも同僚3人組。

ポール・ラッド、セス・ローゲン、ロマニー・マルコ。

この3人が何かと世話を焼くのだ。相手は望んでいないのに。

基本下品だし自分たちが楽しんでいるだけに見えるが、男の友情が見えてグッとくるものがある。

童貞と知るまではアンディの事を連続殺人鬼だと思っていた。

それが童貞と知ってからの変わりっぷり。

何なら自分の相談までしちゃう。

最後はアンディの事を考えて、トリシュの元に向かわせる優しさ。

こいつらめっちゃいい奴!

あと、女性店主も最高です。

『40歳の童貞男』のまとめ。

40歳の童貞男

下品な所は多いけど、誰が見ても楽しめるコメディです。

童貞を捨てるまでの映画だけど、ただセックスがしたいって訳じゃない。

何故なら主人公は40歳だから。

彼は他の事に人生の楽しみを見つけているのだ。

それを変えさせようとする同僚。

ただ自分達が楽しいから童貞を捨てさせたいってだけでなく、愛を知って欲しいとも思っている。

40歳の童貞男は童貞という事実を知って繋がった男の友情物語です。

Netflixで配信中。

スポンサードサーチ

『40歳の童貞男』のスタッフとキャストの他の映画。

監督:ジャド・アパトー:『スーパーバッド 童貞ウォーズ

スティーブ・カレル:『ラブ・アゲイン』/『30年後の同窓会』/『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』/『デート&ナイト』/『エンド・オブ・ザ・ワールド』/『マネー・ショート 華麗なる大逆転』/『ゲットスマート

キャサリン・キーナー:『ゲットアウト』/『はじまりのうた』/『デス・トゥ・スムーチー

ポール・ラッド:『アントマン&ワスプ

セス・ローゲン:『50/50 フィフティ・フィフティ』/『スーパーバッド 童貞ウォーズ

ジョナ・ヒル:『マネーボール』/『21ジャンプストリート』/『スーパーバッド 童貞ウォーズ


*本ページの情報は2018年11月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。