『ギリシャに消えた嘘』☆☆☆☆☆☆ ヴィゴ・モーテンセンと旅に出よう ネタバレ映画レビューブログ

☆☆☆☆☆☆




ギリシャに消えた嘘

ヴィゴ・モーテンセンとギリシャ/イスタンブールを巡ろう

【ストーリー】

1962年、ギリシャ。アテネでツアーガイドをして生計を立てている青年ライダル(オスカー・アイザック)は、旅行で来たというチェスター(ヴィゴ・モーテンセン)とコレット(キルステン・ダンスト)の夫婦とパルテノン神殿で出会う。彼らのガイドを申し出たライダルだったが、その夜に宿泊するホテルに現れた探偵をチェスターが殺してしまう。混乱したまま死体の片付けを手伝ったライダルは、チェスターが投資家たちから高額の金をだまし取って逃走中の詐欺師であることを知る。

【キャスト】

ヴィゴ・モーテンセン:チェスター

キルステン・ダンスト:コレット

オスカー・アイザック:ライダル

デイジー・ビーヴァン:ローレン

【スタッフ】

監督:ホセイン・アミニ

原作:パトリシア・ハイスミス

脚本:ホセイン・アミニ

音楽:アルベルト・イグレシアス

2014年 96分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

ギリシャに消えた嘘はヴィゴ・モーテンセンと巡るギリシャの旅

ギリシャに消えた嘘

原作は『太陽がいっぱい』で有名なパトリシア・ハイスミスの『殺意の迷宮』

この原作は有名ですが、映画は普通。何ならそんなに面白くない。

特にストーリーが面白いわけでもなく、最後にどんでん返しがある訳でもなく、ハッとするような場面もない。

感動するようなセリフもなければ、強く感情移入するような登場人物もいない。

そんな映画を何故見たのかと言うと、主演:ヴィゴ・モーテンセンだから。

この名前があるだけで見てしまうほど魅力のある人です。

っで、この映画の見所は先ほど述べた通りストーリーではありません。

ずばり、ヴィゴ・モーテンセンと巡るギリシャの旅です。

ギリシャの遺跡やクレタ島、終盤にはイスタンブールなど巡ります。

心身共に疲れ切ったヴィゴモーテンセンの表情や髪型を愛でましょう。

彼のファンならそれだけで96分があっという間に感じるはずです。

ストーリーを期待してた人は96分が長く感じるはずです。

ギリシャに消えた嘘の終わり方は不満

ギリシャに消えた嘘

主要な登場人物は3人だけ。

チェスター(ヴィゴ・モーテンセン)、コレット(キルステン・ダンスト )夫妻と、ガイドのライダル(オスカー・アイザック)。

この夫婦が旅行でギリシャに訪れた時にライダルと出会う。

チェスターは投資詐欺をしていて、被害者の1人が素行の悪い探偵を雇いチェスターのホテルの部屋にやってくる。

チェスターは慌て、事故ではあるがその探偵を殺してしまう。

その探偵を隠そうとした時に見つかったのがライダル。

ライダルはチェスターの妻であるコレットに気があり、彼女の助けになるならばとこの夫婦に色々と協力する。

偽造パスポートを手配したり、土地勘のない2人の為に一緒に逃げたりと。

チェスターは出会った時からライダルの事を胡散臭い人間と捉えていて、妻に気のある素振りも見せるし、探偵を殺したのが自分だと知っている唯一の人物という事で、逃亡途中の遺跡で襲い気絶させる。

その気絶してる最中に妻と逃げるはずが、妻と揉めてしまい争ってる最中に遺跡の階段から妻を転落死させてしまう。

悲しみにくれるチェスター。

でも、ライダルに罪を着せる為にその場を離れ逃げる。

気絶から気が付いたライダルはコレットの死を確認。悲しみにくれる。許さんぞチェスター。

という事で、チェスターを追いかける。自分が殺した事になっているし。

最後はイスタンブールに逃げたチェスターを警察と共に追い詰め、警察がチェスターを射殺。

死ぬ間際に「ライダルは妻を殺してない 無関係だ」と正直に話しライダルの罪が晴れる。めでたしめでたし。


この終わり方は不満だ!

チェスターには悪を貫いて欲しかった。

そもそもチェスターは詐欺を行っていた悪い人物ではあるのだが、根っからの悪人ではない。多分。

それが、不幸が重なり探偵と妻を殺してライダルに罪を被せようとした辺りで少し様子がおかしくなる。

チェスターが怖いのだ。あんなにイケてるかっこいいおじさんの目に狂気が宿る。

元々そんな人じゃなかったですよね?怖い人じゃないですよね?

って感じだが、開き直ったのだろう。

そんな人物だからこそ、最後が拍子抜け。

ここまできたら罪着せようぜ。バッドエンドでしょ。自分は死んで相手は投獄。

そうでもしないとこの映画はほんと何の裏切りもないどうしようもないストーリーですぜ。旦那。

罪悪感とか感じてなかったじゃないっすか。

妻を置いて逃げるのが当たり前って感じだったじゃないっすか。

無理して綺麗に終わらせなくても、、

スポンサードサーチ

ギリシャに消えた嘘とはヴィゴ・モーテンセンと巻き込まれた2人の映画

ギリシャに消えた嘘

この映画のヴィゴ・モーテンセンは抜群にかっこいいです。

旅先なのに何着スーツ持ってるの?って感じで。様々なヴィゴ・モーテンセンが見れます。

嫁さんはノースリーブ姿が多いのに。暑くて大変だった事でしょう。

イケイケ金持ちオジさんから、疲れ切ったオジさん、狂気を帯びたオジさん、激走するオジさん。

こんなにたくさんのヴィゴ・モーテンセンが観れる映画はなかなかない。

ファンには堪らない映画です。


巻き込まれた2人。2人とも役が可哀想だ。何にも悪い事してないのに、、

キルステン・ダンストは相変わらずの色気。エロいです。

可愛いかどうかは見る人に委ねられますが、、

この映画でのキャラは本当にかわいそうでした。

浮気を疑われ、帰国が出来ず、ギリシャで殺される。

彼女は何にも悪い事してないのに。

献身的に旦那を支えてたのに。一番の被害者です。


オスカー・アイザックの何人なの?っていう顔がこの映画にはピッタリでしたね。

悪徳ガイド役。バッチリハマってました。

グアテマラ人の母親とキューバ人の父親の間に生まれ、フロリダ州マイアミで育つという凄い出自。

この人の怪しい感じのせいで勘違いしてしまいますが、この映画で彼はほとんど悪い事してないですからね。

全ては夫婦を助ける為にやっただけなのに。

好きになった人は死に、さらに罪を被せられるなんて、、

『ギリシャに消えた嘘』のまとめ

ギリシャに消えた嘘

ヴィゴ・モーテンセンのファンかどうかで大きく評価が分かれると思います。

ストーリーは平坦で特に面白くもなく眠くなるかもしれません。

大きな見所もはっきり言ってないです。

でも、ヴィゴ・モーテンセンとと一緒にギリシャを回れるって考える事が出来れば楽しめるはず。

そんな楽しみ方をする人がどれぐらいいるか分かりませんが、、

PrimeVideoで配信中。 

スポンサードサーチ

『ギリシャに消えた嘘』のキャストの他の映画

ヴィゴ・モーテンセン:『はじまりへの旅』/『ヒストリー・オブ・バイオレンス』/『危険なメソッド』/『ダイヤルM』/『オン・ザ・ロード』/『28DAYS

キルステン・ダンスト:『オン・ザ・ロード』/『幸せの行方…』/『エターナル・サンシャイン

オスカー・アイザック:『ドライブ』/『ワン・ナイト


*本ページの情報は2018年10月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。