『フレンチ・ラン』☆☆☆☆☆☆ 分かりやすい両極端 ネタバレ映画レビューブログ

フレンチ・ラン ☆☆☆☆☆☆




フレンチ・ラン

ナイスバディでした。

【ストーリー】

革命記念日前夜のパリ市街で爆弾テロが発生し、捜査を担当することになったCIAのはみ出し者、ブライアー(イドリス・エルバ)は容疑者に浮上したスリの若者マイケル(リチャード・マッデン)を逮捕する。彼が無実であることを確信したブライアーはスリの腕前を買い、無実を証明するため捜査協力を持ち掛け、マイケルも承諾する。タッグを組んだ彼らは新たなテロを阻止すべく、真犯人を追うが……。

【キャスト】

イドリス・エルバ:ショーン・ブライアー

リチャード・マッデン:マイケル・メイソン

シャルロット・ル・ボン:ゾーエ

ケリー・ライリー:カレン・デイカー

ジョゼ・ガルシア:ヴィクター・ガミュー

ティエリ・ゴダール:ラフィ・ベルトラン

【スタッフ】

監督:ジェームズ・ワトキンス

製作総指揮:オリヴィエ・クールソン/ロン・ハルパーン/ダン・マクレイ/マイケル・ドライヤー/ファブリス・ジャンフェルミ/ガイ・ストーデル/スティーヴ・ゴリン

脚本:アンドリュー・ボールドウィン

音楽:ジェームズ・ワトキンス/アレックス・ヘッフェス

2015年 92分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

フレンチ・ランはみんな大好きバディ物。

フレンチ・ラン

みんな大好きなバディ物です。

このブログでも『2ガンズ』や『ゲットスマート』などなど沢山紹介してきました。

どれも共通しているのが、安心して見られるって所ですかね。

最初は仲違いしながらも、徐々に友情を深めて事件を解決する。

分かっていても楽しめる作品が多いです。

っで、『フレンチ・ラン』

期待を裏切らない展開に、痛快なアクション。

こういうのが見たかったんだよって気持ちを裏切りません。

そして、ただ楽しいってだけでも十分なんだけど、政府とデモ隊の衝突はタイムリーだった。

フレンチ・ランのストーリー(ネタバレ)

フレンチ・ラン

舞台はフランス。

フランス革命記念日前夜。

テロリストは事件を起こし、国を分断しようと企んでいた。

 

マイケルはスリを生業として生活していた。

ある日、カバンを持って顔を伏せていた女に目を付ける。

そのカバンを盗んだマイケルだったが、金目の物は入ってな買った為、携帯を盗んでカバンを捨てる。

すると捨てたカバンが爆発して、4人が死亡するのだった。

CIAがフランスの要人を独自に撮影していたカメラの映像から、マイケルはCIAのブライアーに追われる事に。

ブライアーはCIAで浮いた存在で、過去の汚名返上をする為にマイケルの確保に動く。

マイケルの部屋を特定したブライアーはなんとか捕まえ、尋問をする。

するとそこに現れたのは、カバンの爆弾を作ったテロリストの連中だった。

テロリストはカバンを盗まれた女を口止めする為に追っており、携帯のGPSを追って現れたのだ。

なんとかテロリストを撒いた2人は、テロリストの黒幕探しで協力する事に。

2人はテロリストに狙われながらも、黒幕はフランス特捜隊のガミューだと気づく。

ガミューは政府とデモ隊をぶつけさせ、混乱させている間に仮想通貨を盗もうと計画していたのだ。

それを見破ったブライアーとマイケルに計画は阻止され、ガミューは逮捕されるのだった。

スポンサードサーチ

フレンチ・ランするのは最初だけ。

フレンチ・ラン

安心の展開です。

わざわざ書くことがないのも事実!

思ったのは、フレンチをランするのは最初だけかい!ってぐらい。

でも、この部分で存分に楽しませてくれる。

マイケルを追うブライアー。

逃げるはアパートの屋上。

これだけ見ると、よくある平坦な屋上を思い浮かべたあなた。

違います。

フランスのアパートはとんがっている!

だから、ただ逃げるんじゃなくて、落ちる危険があるんです。

そして、割と長い間この屋上で逃げるもんだから、、、最高。

この緊張感はいい!

そして、マイケルは馬鹿じゃない。

逃げながらも、使ったハシゴをどかしてブライアーに使わせなかったり、鍵をかけたりと抜かりない。

でも、追うのは190cmのブライアー。

力づくで全てを突破する。

そして、最後はバイクで逃げようとしたマイケルにラリアット。

この駆け引きで2人のタイプの違いを上手く説明してました。

技のマイケル、力のブライアー。

まるで仮面ライダーの一号と二号だ。

2人はそれぞれの見せ場がちゃんとある。

技のマイケルは酒場でのやり取り。

ここは痛快ですね。

ピタゴラスイッチです。

このシーンだけでも見て欲しい。

力のブライアーは最後の戦いですね。

手榴弾のピンを引っこ抜いて、敵の体で覆いかぶさる。

決して無敵ってタイプじゃないし、洗練はされてないけど、ゴツゴツした格闘は良かった。

あとは最後のやり取り。

バディ物は最後のイチャイチャが見ててニヤニヤしますね。

フレンチランも漏れなく良いです。

フレンチランのイドリス・エルバとリチャード・マッデンは最高なんだけど、、、

フレンチ・ラン

イドリス・エルバとリチャード・マッデン。

190cmの黒人と、170cm代の白人。

粗暴なCIAと、イケメンのスリ師。

ヘイムダルと、ロブ・スターク。

なんて分かりやすく両極端なキャスティングなんだ。

そして、2人は素晴らしかった。

異論は認めない。

続編があったら見たい。

ただ、気になる事が1つある。

なぜ二人共CIAでアメリカ人の設定にしたんだ。

イングランド人のイドリス・エルバとスコットランド人のリチャード・マッデン。

バリバリのイギリス人なのに。

MI6じゃ駄目なのかな。

だから駄目とかではないんだけど、ちょっと気になる。

スポンサードサーチ

『フレンチ・ラン』のまとめ。

フレンチ・ラン

良作バディムービーです。

頭を空っぽにして見てください。

あっさり人が死んでいくので、痛いシーンは少なめです。

やっぱりあんまり書く事がないな。

ただ、良い映画なのは間違いないです。

U-NEXT/PrimeVideoで配信中。 

『フレンチ・ラン』のスタッフとキャストの他の映画。

監督:『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』

イドリス・エルバ:『ルーザーズ』/『ロックンローラ


*本ページの情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。