『エージェント・ウルトラ』☆☆☆☆☆ お気楽なボーン ネタバレ映画レビューブログ

エージェント・ウルトラ ☆☆☆☆☆




エージェントウルトラ

重くないボーン

【ストーリー】

片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。

【キャスト】

ジェシー・アイゼンバーグ:マイク・ハウエル

クリステン・スチュワート:フィービー・ラーソン

トファー・グレイス:エイドリアン・イェーツ

コニー・ブリットン:ヴィクトリア・ラセター

ウォルトン・ゴギンズ:ラファ

ジョン・レグイザモ:ローズ

【スタッフ】

監督:ニマ・ヌリザデ

製作総指揮:バディ・パトリック/ロバート・オグデン・バーナム/ジョナサン・ガードナー/レイ・アンジェリク/スチュアート・ブラウン/トム・ロック/ギデオン・タドモア/エヤル・リモン

脚本:マックス・ランディス

音楽:マーセロ・ザーヴォス

2015年 96分 R15+

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

エージェント・ウルトラのベースはMKウルトラ計画。実話かい!

エージェントウルトラ

この映画はちょっと面白いです。めちゃめちゃ面白い訳ではないです。ちょっとです。

監督はニマ・ヌリザデ。全く知らない。この映画の前に『プロジェクトX』というコメディ映画を撮っています。

トッド・フィリップスが参加しているので、多分めちゃくちゃくだらない映画でしょう。いい意味で!

ストーリーは「MKウルトラ計画」というとんでもない計画が実際にありまして、その要素が入っています。

この計画をWikiで読んだ時は唖然としました。そりゃ関連文書を破棄するわ。リンクで確認を。

話を映画に戻しまして、この映画はアクション映画です。

コメディはほぼない。軽いアクションって事でコメディ扱いされてるのかな?96分と短くまとまってるのも良し。

キャストの2人も『アドベンチャーランドへようこそ』以来の共演。

この『エージェント・ウルトラ』は2015年の映画なので、2人とも完全に売れてます。

それなのに、この言ってしまえばB級映画に出演してくれるのが嬉しい。

ジェシー・アイゼンバーグは大作似合わないし。いつまでも早口童貞キャラでいてくれ。

クリステン・スチュワートは2016年を最後に出演がない、、ちょっと心配。

エージェント・ウルトラは短く軽いジェイソン・ボーン。これでも盛ってます。

エージェントウルトラ

ストーリーは田舎に住んでる冴えない男マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)が、催眠を解かれ覚醒。

記憶を失くしていたが、実は過去にCIAに訓練されたエージェントだったのだ。 (まんまボーン)

そこから敵に攫われた彼女(クリステン・スチュワート)を助ける為に奮闘するストーリー。

物凄い良く言うと、ボーンの設定にイコライザーの戦い方を掛け合わせた感じです。

ホームセンターで戦う所とかね。あっちの方が10倍緊張感ありますが。

アクションシーンが割と迫力あります。それと少しグロい。R15なだけあります。

ジェシー・アイゼンバーグのアクションは珍しいですね。どこまで本人が演じているか分かりませんが良かったです。

フライパンを使っての銃撃戦とかね。これは見てください。

もちろんジェイソン・ボーンと比べないでくださいね!イコライザーとも!

あっちはバリバリのA級ですから!

ただ、まあB級映画なので色々と雑ではありますが。

まず敵が弱すぎる所ね。相手のエージェントも同じ訓練を受けてるはずなのに。ほぼ全員瞬殺。歯ごたえがまるでない。

彼女のクリステンスチュワートがCIAだったって設定もなー。

最初のシーンでマイクが街を出れないって設定があって、そのせいでハワイ旅行に行けなくて悲しむんだけど、、知ってたんじゃん!街出れないの!それなのにあれはないよ。

あとはマイクが趣味で描いてるアメコミ。全くストーリーに絡んでこなかった。意味ありげだったのに。

などなど、色々とあるんですが目を瞑れなくもない!

B級映画の中ならAに近いです!

スポンサードサーチ

エージェント・ウルトラで久しぶりの共演!ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワート

エージェントウルトラ

この共演が嬉しいです。『アドベンチャーランドへようこそ』ファンとしては。

映画のテイストが全く違いますが、あの2人が6年の時を超えて共演です。

この6年の間に2人はすっかりスターになりました。

ジェシー・アイゼンバーグは受賞こそ逃していますが、アカデミー賞にノミネートされ、DCエクステンデッド・ユニバースにも参加している。あまり似合ってないけど。

ただ、どうしても大作になると魅力が半減するなーってのが個人的な感想。『ソーシャルネットワーク』は別ですが。

だからなのか売れた後でも、このようなB級映画にも出演してくれるのがファンとしては嬉しい。


クリステンス・チュワートは『トワイライト』で完全に売れ切った後にも、『アクトレス〜女たちの舞台〜』でセザール賞をアメリカ出身の女優さんで初めて受賞するなど、人気と実力を兼ね備えた人です。

そんな彼女が『アクトレス』の翌年にこの映画に出るっていうね。嬉しいです。

幾つになっても不良少女感が抜けない人。この映画でも健在です。

最近は出演作がなく悲しいですが、この人も大作以外で見たい女優さんです。

『エージェント・ウルトラ』のまとめ

エージェントウルトラ

まあまあ面白い映画です。酷評するほどでもなく絶賛もされない。

キャストのファンなら見て損はないでしょう。95分と短いですし。

あくまでも見る時はB級映画を見るんだぞ!という気持ちを忘れずに。

じゃないと拍子抜けするんで。

U-NEXT//Hulu/Netflixで配信中。

スポンサードサーチ

『エージェント・ウルトラ』のスタッフとキャストの他の映画

監督:ニマ・ヌリザデ:『プロジェクトX

ジェシー・アイゼンバーグ:『ジェシー・アイゼンバーグ おすすめ映画ランキングまとめ

クリステン・スチュワート:『パニック・ルーム』/『オン・ザ・ロード』/『アドベンチャーランドへようこそ』/『アリスのままで

ジョン・レグイザモ:『潜入者


*本ページの情報は2018年10月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。