『アウトロー』☆☆☆☆☆ 主演・製作トムクルーズ ネタバレ映画レビューブログ

アウトロー ☆☆☆☆☆




アウトロー

主演・製作トムクルーズ

【ストーリー】

真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とすという事件が発生。警察は事件発生後1時間という早さで、元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束する。だが彼は容疑を全面否認し、かつて軍の内部で一目置かれていたジャック(トム・クルーズ)への連絡を求める。

【キャスト】

トム・クルーズ:ジャック・リーチャー

ロザムンド・パイク:ヘレン

リチャード・ジェンキンス:ロディン

デヴィッド・オイェロウォ:エマーソン

ヴェルナー・ヘルツォーク:ゼック

ロバート・デュヴァル:キャッシュ

【スタッフ】

監督:クリストファー・マッカリー

2012 130分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

アウトローはトム・クルーズ 主演/製作の映画。

アウトロー

全米ベストセラー、ジャックリーチャーシリーズの映画化。

トム・クルーズのアクション映画。

ミステリー映画と紹介される場合もあるが、何もミステリー要素はない。

監督はクリストファー・マッカリー『ミッションインポッシブル ローグネイション/フォールアウト』の監督。

また二人で組んでアクション映画。しかも自分達で製作にも携わっている。

はっきり言う普通の映画だ。普通のアクション映画。

ある事件が起き、罪を着せられた元部下がトム・クルーズ演じるジャック・リーチャーを呼ぶ。

ちなみにジャック・リーチャーは住所不定。なのでアウトロー(流れ者)。

ジャック・リーチャーは検事と組んで事件を解決する。

最初のスナイパーライフルで無差別に撃つシーンは緊迫感があった。

無慈悲に殺して行く様は大きな敵を想像させた。

ただ正直そのシーンぐらいしか印象がない。

敵も最初だけだ。その後はグダグダ。あんな巧妙に罪を着せたりしてたのに。

あと、ヴェルナー・ヘルツォークだ。

THE 悪人顔。ここまで悪い顔をしている人を僕は知らない。

一応、一緒に組む検事の父親を内通者に見せかけようとするが、

それもバレバレなのだ。明らかに内通者風の登場人物が内通者の訳がない。

トム、アウトローをやる必要あったのか。

アウトロー

トム・クルーズはもうこの手の映画は『ミッション:インポッシブル』だけでいいんじゃないかと思う。

どうしてもアクション映画だと比べてしまうのだ。『コラテラル』は好きだけど。

そして『ミッション:インポッシブル』を超えるのは難しい。というか無理だろう。

トム自身の力の入れ方が違うし、シリーズを重ねる度に面白くなるという稀有な映画なのだ。

それならもっと他のジャンルのトム・クルーズ見たい。

『ザ・エージェント』のトムも良かったじゃないか。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のトムの色気はどうしたんだ。ブラッド・ピットよりも輝いていたじゃないか。

アクションじゃないトムが見たいのだ。好きだからこそ

わざわざこんな映画を撮ってないで、他のを撮ってくれと切に願う。

監督もユージュアル・サスペクツの脚本を書いた人である。

あの伝説的な大どんでん返し映画を書いた人なのだ。

それなのに、いくら原作があるとはいえ内容が薄っぺらすぎないか。

二人にとってやる意味あったのかなと思わせる内容だった。

スポンサードサーチ

『アウトロー』のまとめ

アウトロー

ここまで酷評をしているが、決してつまらなくはない。見て損したとは思わないだろう。

カーアクションも派手だし、素手で敵をボコボコにするシーンも迫力がある。容赦無く骨を折ったり、最後の敵であるヴェルナー・ヘルツォークをあっさり撃ち殺す演出も悪くなかった。

続編が作られているぐらいだから、トム・クルーズと監督は気に入ってるのだろう。

ちなみに続編『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』も微妙だ。

トム・クルーズファンなら見て楽しいと思う。無敵のトムが見れます。

ただ、正直残念な所が多いのが事実だ。

最後急に仲間になるロバート・デュヴァル。射撃場のおっさんで。

何故自分も殺されるかもしれないのに敵の基地にトムと一緒に乗り込むのだ。そこまでする動機ないだろ。

トムの敵ではあっても、あなたの敵ではないのだ。

無差別に打たれた被害者の人物背景。

ただ気持ちを暗くさせた。特に救う訳でもないのに。

一番残念な所は、最後の敵を眼の前にして銃を捨て、素手で勝負を挑む所が一番納得いかなかった。

直前まで散々銃で殺そうと打ち合っていたのに。目の前にしたら銃を捨てるだと?

めちゃめちゃ強い設定ではあるけれど、その演出はリアリティーに欠けないか?

と酷評が続きましたが、これが普通の俳優で監督だったらここまで酷く言わなかったと思います。

この二人だからこそ、もっと面白い映画が見たいのだ。

PrimeVideoで配信中。 

『アウトロー』のスタッフとキャストの他の映画

監督:クリストファー・マッカリー :『ユージュアル・サスペクツ(脚本)

トム・クルーズ:『ワルキューレ』/『 オブリビオン』/『コラテラル


*本ページの情報は2018年11月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。