『ワイルドカード』☆☆☆☆ スプーンとバターナイフで。 ネタバレ映画レビューブログ

ワイルドカード ☆☆☆☆




ワイルドカード

細かいところは無視して見よう!

【ストーリー】

以前は優秀な兵士で、現在はラスベガスの裏社会で用心棒をしているニック(ジェイソン・ステイサム)。ある日、誰かにひどい暴行を受け重傷を負った元恋人から犯人捜しと復讐(ふくしゅう)を依頼される。瞬く間にそれを成し遂げたニックだが、犯人の背後には権力を駆使しラスベガスを支配する凶悪マフィアが控えていて……。

【キャスト】

ジェイソン・ステイサム:ニック・ワイルド

マイケル・アンガラノ:サイラス・キニック

マイロ・ヴィンティミリア:ダニー・デマルコ

ドミニク・ガルシア=ロリド:ホリー

アン・ヘッシュ:ロキシー

ソフィア・ベルガラ:ドリス

ホープ・デイヴィス:カサンドラ

スタンリー・トゥッチ:ベイビー

【スタッフ】

監督:サイモン・ウェスト

製作総指揮:ニック・マイヤー/マーク・シャバーグ/カシアン・エルウィズ/ロバート・アール/ブライアン・ピット

原作:ウィリアム・ゴールドマン

脚本:ウィリアム・ゴールドマン

音楽:ダリオ・マリアネッリ

2015年 92分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

ワイルドカードは細かい所に目を瞑りさえすれば!

ワイルドカード

ワイルドカードにストーリーを求めてはいけない。

何でやられ役をやってるんだ?

あの金持ち青年は一体なんだったんだ?

元彼女とはあれで終わり?

敵のボスはあいつなの?

急なギャンブル依存症の発症は何で?

ベイビーともあれで終わり?

実質ラスベガス牛耳ってるやんけ!

見てる途中から笑ってしまうようなストーリーだ。

はっきり言ってひどい。

でも、主演はジェイソン・ステイサム。

ワイルドカードのアクションは良かった!

銃を持たない理由は銃がなくても殺せるから。

めちゃくちゃ強い!身近な物でバシバシ倒していきます!

特に最後のまとめて相手を倒す所は圧巻です。

武器はスプーンとバターナイフ。

ダイナーで襲われたからね。しょうがない。

そんな武器で銃を持った敵を刺すわ刺すわ。

先っちょが丸まってんのに刺すわ刺すわ。

相変わらず無敵のジェイソン・ステイサムです。

アクションだけなら楽しい映画です!

ワイルドカードに凶悪マフィア・・・?

ワイルドカード

ラスベガスで用心棒をしているニック(ジェイソン・ステイサム)。

彼の元カノがあるギャングにレイプされ暴行を受ける。

復讐をしてほしいと相談を受けたニックはギャングの元に乗り込みボコボコに。

一緒に来ていた暴行された女はギャングのボスのチンコを枝切り鋏で傷をつける。←男性は直視できません。

お金も奪い2人で山分けをしてラスベガスを離れようとする。

ニックは最後に馴染みのカジノに寄って軽く遊ぶ。

運が乗って来たニックは勝ち続け目標だった金額を達成するが、欲を出し最後はすっからかんに。

ニックはギャンブル依存症だった。

結局ラスベガスを出る事が出来なかったニックの元に昨日お世話をしたギャングが現れる。

全員返り討ちにするニック。

最後も追加で送られて来たギャングを全員倒して終了。


このブログを書いていて驚いた事がある。

引用したストーリーに書いてある凶悪マフィアが控えていて、、、

いつ出て来たの?

もしかして最後の軟弱ギャング集団の事?

それともチンコ切られかけたあいつの事?

スタンリー・トゥッチの事か?

そんな奴いなかったはずだ。

全員軟弱マフィアだし、スタンリー・トゥッチとは仲良しだし、一回もニックはピンチにならなかった。

これはめちゃくちゃ物足りない。

金持ち青年が出て来るのも本当に意味が分からなくて。

航空券と小切手あげちゃうからね。勝手に恩義を感じて。これはマジで意味分からん。

あと、ポーカーのシーンがえらい長いです。

めちゃめちゃ勝って換金しようとしたら、急に足元をふらつかせて「まだ足りない」みたいな事言い出すんですよ。

いきなりギャンブル依存症設定???

見てるこちらの足元がふらつくような急展開。

序盤の元カノとの絡みも意味不明だ。

そもそもどんな付き合いだったのかは描かれない。

ほんの少し会話をしただけだ。

暴行を受けたホテルには絶対に行かない協定みたいなのも結んでいる。

それでも簡単に行っちゃうんです。

そんな動機で行っちゃうの???

ワイルドカードのストーリーはびっくりするぐらい荒い。荒すぎる。

スポンサードサーチ

ワイルドカードの良い所はジェイソン・ステイサムのアクションのみ!

ワイルドカード

内容がすっからかんのワイルドカード。

良かったのはジェイソン・ステイサムのアクションのみです。

無駄にスローモーションになったり、陽気な音楽が流れたり。

敵も最弱の部類に入るのではないでしょうか。

勝手に椅子につまずいて転んだ所をボコボコにされます。

ラストのバターナイフとスプーンのアクションはテンション上がります!

屋根から飛び降りるジェイソン・ステイサム!

そこからスプーンとナイフで刺しまくるジェイソン・ステイサム!

いやー今作も無敵でした。

『ワイルドカード』のまとめ

ワイルドカード

ストーリーに突込み入れながら見れば楽しめます!

何の伏線もない、前半のフリが最後に活きてくるとかもない。

足し算足し算で作っていったらこんな映画になるんだと思います。

正直、この監督とジェイソン・ステイサムのタッグなら『メカニック』の方が圧倒的に面白い!

 Netflixで配信中。

スポンサードサーチ

『ワイルドカード』のスタッフとキャストの他の映画

監督:サイモン・ウェスト:『メカニック

ジェイソン・ステイサム:『ジェイソン・ステイサム おすすめ映画ランキングまとめ


*本ページの情報は2018年12月時点のものです。

最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。