『ダージリン急行』 ☆☆☆☆☆☆☆ 何が良いかは説明しづらい ネタバレ映画レビューブログ

ダージリン急行 ☆☆☆☆☆☆☆




ダージリン急行

なんか良いんです。

【ストーリー】

父の死をきっかけに別々の道を歩みはじめ、それぞれの人生で悩み迷っていたホイットマン家の3兄弟、フランシス(オーウェン・ウィルソン)、ピーター(エイドリアン・ブロディ)、ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)。あるとき、事故で九死に一生を得たフランシスは、兄弟のきずなを取り戻すため、弟たちをインド旅行に誘う。

【キャスト】

オーウェン・ウィルソン:フランシス・ホイットマン

エイドリアン・ブロディ:ピーター・ホイットマン

ジェイソン・シュワルツマン:ジャック・ホイットマン

アンジェリカ・ヒューストン:パトリシア・ホイットマン

アマラ・カラン:リタ

カミーラ・ラザフォード:アリス

ウォレス・ウォロダースキー:ブレンダン

イルファン・カーン

ビル・マーレイ

ナタリー・ポートマン

ワリス・アルワリア

【スタッフ】

監督:ウェス・アンダーソン

製作総指揮:スティーヴン・レイルズ

脚本:ウェス・アンダーソン/ロマン・コッポラ/ジェイソン・シュワルツマン

2007年 91分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

ダージリン急行は何か良い映画です。

ダージリン急行

久しぶりにダージリン急行を見ましたが、やはりとらえどころがない映画でした。

ダージルン急行は好きなんですが理由が上手く説明出来ない。

何が素晴らしいのか。

衣装とか、ヴィトンの鞄とか、インドの風景とか、オシャレなカットとか、そんなんではない。

それらは僕にとって重要ではない。

でも、ダージリン急行だけは雰囲気だけで好きな映画だと思ってしまった。

3兄弟が喧嘩をしながらもダージリン急行に乗って母親に会いに行くだけの話し。

起きる出来事はしょうもないし、母親との感動の再開って話しでもない。

父親の死から解放されて新しい旅に出るっていうメッセージも別に響かなかった。

でも、好きなんです。

ただのオシャレ映画ってだけの評価は勘弁してほしい。

マーク・ジェイコブスとかヴィトンが協力しているだけでそんな見方をしないでほしい。

でも、やっぱ上手く説明出来ないな。

間違いなく良かったのは、3兄弟のくだらないやり取りは好きでした。

ダージリン急行のストーリー(ネタバレ)

ダージリン急行

父の死をきっかけに1年間絶縁していたホイットマン3兄弟。

長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)は事故により生死をさまよった結果、兄弟の大切さを知りインドのダージリン急行に弟たち呼び出す。

次男のピーター(エイドリアン・ブロディ)は妻のアリスと不仲だったが子供が産まれる直前だった。

三男のジャックは小説家で元カノの事が忘れられずにいた。

それぞれ悩みを抱えた兄弟はダージリン急行に乗り兄弟の絆を取り戻すべく旅をするのだった。

目的地は母のいる修道院。

3人の母は父が事故死した時に葬式に来なかったのだ。

その理由を聞きに行こうとしていた。

道中、様々なトラブルが兄弟を襲い喧嘩を繰り返す。

とうとうダージリン急行からも降ろされ旅を切り上げて帰国をしようとしていた。

だが、やはり母の元を尋ねる事に。

母になぜ葬儀に来なかったのか理由を聞くと、行きたくなかったからと答える。

もう済んだ事、過去を振り返ってもしょうがないと。

そして3人に言葉をかけた次の日、母は修道院から消えるのだった。

3人はまた列車に乗り込む。

だが父の鞄をもったままだと乗り込めないと判断し捨てることに。

父の鞄を捨てて列車に乗り込んだ3人の顔は晴れやかだった。

スポンサードサーチ

ダージリン急行の3人は素晴らしい。

ダージリン急行

始まりはピーターが1人で重いカバンを持って、ビル・マーレイを追い抜きダージリン急行に乗り込む。

最後は3人が重い鞄を捨てて一緒に列車に乗り込む。

この始まりと終わりは最高だった。

父の死を3人は抱え込んでいた。

と言うよりも、父の葬儀に来なかった母の事が理解出来なかった。

それがずっと気がかりだったのと、それぞれの生活での悩みを全て捨て去って新しい旅に出たのだ。

これには母の言葉による所が大きい。

3兄弟の母は簡単に言うとサバサバした人ってだけなのだ。

度が過ぎてる気がするけど。

葬儀に行かなかったのは、行きたくなかったってだけ。

夫の事が嫌いだったとか、他の男と一緒にいたとか、そんなんない。

ただただ、行きたくなかっただけなのだ。

そして、行く意味もないと考えていた。

過ぎた事でしょ?の一言で片付ける。

これには呆気にとられたけど、気持ちは分からなくもない。

インドの修道院には母の事を必要とする人々がいる。

そっちの方が大事だと考えるのは決しておかしくない。

って思うのは普通じゃないか。

3兄弟もちょっと戸惑うけど、母がおかしい事は知っていたから受け入れる。

そして母に言われる。

“この美しい場所で楽しく過ごすこと”

“後悔は捨てること” つまらないわ

“将来の計画を立てる”

この言葉を残して母親は3兄弟の前から消える。

どれだけ疎遠になっていて、理解が出来なくても母は母だった。

3兄弟を導いてくれた。

ダージリン急行の3兄弟は素晴らしい。

ダージリン急行

メッセージ性の部分を書いたけど、正直そんなんどうでもいいかもしれない。

ダージリン急行はやっぱり3兄弟の魅力が全てだと思う。

仲が良いのか悪いのか。

仕切りたがりの長男フランシス。

父親の遺品を独り占めしている次男ピーター。

元カノの事を忘れられないのに、ちゃっかり客室乗務員に手を出す三男ジャック。

この3人の掛け合いは最高です。

ピーターとジャックが裏切り合う。

そして仲間はずれにされたフランシスがルールを作る。

このマジでどうでもいいやり取りが見ていて微笑ましくて。

なんか兄弟っていいなって思う。

スポンサードサーチ

『ダージリン急行』のまとめ

ダージリン急行

オシャレ映画の1つとして紹介される事が多いけど、ただのオシャレ映画ではありません。

旅を通してそれぞれの悩みと向き合い、自分なりに答えを出す。

大人が成長する過程を見せてくれる映画です。

いつまでも過去に囚われてる人はダージリン急行を見て心を軽くしましょう。

ヴィトンの鞄を捨て去りますからね。

ウェス・アンダーソン作品の中では誰もが楽しめる映画だと思うので、初めてウェス・アンダーソンの作品を見る方にはおすすめです。

ナタリー・ポートマンがちょっと出てくるので見逃さないように!

U-NEXTで配信中。

『ダージリン急行』のスタッフとキャストの他の映画。

監督:ウェス・アンダーソン:『ムーンライズ・キングダム

オーウェン・ウィルソン:『ミッドナイト・イン・パリ

エイドリアン・ブロディ:『ミッドナイト・イン・パリ

ビル・マーレイ:『ヴィンセントが教えてくれたこと』/『ゾンビランド』/『ムーンライズ・キングダム』/『ゲットスマート


*本ページの情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。