『ローグアサシン』 ☆☆☆☆ 日本人じゃなければ! ネタバレ映画レビューブログ

ローグアサシン ☆☆☆☆




ローグアサシン

ヤクザに怒られるぞ!

【ストーリー】

FBIアジア系組織犯罪捜査科のクロフォード(ジェイソン・ステイサム)は、同僚とその家族を“幽霊”と称される殺し屋のローグ(ジェット・リー)に無惨にも殺されてしまった。3年後、クロフォードの宿敵ローグがサンフランシスコのヤクザ街に姿を現し、中国系暴力団と日本のヤクザの抗争を複雑にかき回し、激化させる。

【キャスト】

ジェット・リー:ローグ

ジェイソン・ステイサム:ジョン・クロフォード

ジョン・ローン:リー・チャン

デヴォン青木:キラ

ルイス・ガスマン:ベニー

石橋凌:シロー・ヤナガワ

マシュー・セント・パトリック:ウィック

ナディーン・ヴェラスケス:マリア

アンドレア・ロス:ジェニファー・クロフォード

マーク・チェン:ウー・チー

ケイン・コスギ:ヤクザ

ケネディ・ローレン・モンタノ:アンナ

テリー・チェン:トム・ローン

ポール・ジャレット

【スタッフ】

監督:フィリップ・G・アトウェル

脚本:リー・アンソニー・スミス/グレゴリー・J・ブラッドリー

音楽:ブライアン・タイラー

2007年 103分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

ローグアサシンは日本人じゃなければ、、、

ローグアサシン

ジェイソン・ステイサムとジェット・リーがダブル主演のこの映画。

こんなにも自分が日本人じゃなければと思った映画はない。

 

ヤクザ街の刑事なら日本語くらい覚えろ。

バカナラショウガナイケドナ(馬鹿ならしょうがないけどな)

ケイサツダ ナニガアッタンダ(警察だ 何があったんだ)

デカイガイニ オレノシュミシッテルカ(刑事以外に俺の趣味知ってるか?)

オイシャサンゴッコダ(お医者さんごっこだ)

コノダンガンヲヌカナイトカノウスルゾ(この弾丸を抜かないと化膿するぞ)

ヌケタカ…イヤ ホネダッタ ゴメン(抜けたか…いや、骨だった ごめん)

ソレカ デカノホウガイイカ(それか、刑事のほうがいいか)

ナラ キョウリョクシロ(なら 協力しろ)

 

めちゃめちゃ冷めてしまう。

急に安っぽく見えてしまう。

笑う場面じゃないのに笑いを堪えるのに必死になってしまう。

特に “ヤクザ街の刑事なら日本語くらい覚えろ”

この前振りが効いている。

そんな事を言っといてとんでもなくカタコトの日本語。

 

これさえなければもっと評価されていい映画だ。

 

アクションは拳銃もあれば素手ごろもあり、日本刀もあります。

ちょっとエグい描写がありますが、目を伏せるまではいかずでいい塩梅。

ストーリーも何も期待してなかった分、驚かされる。

ただ、あの終わり方はスッキリしない。

ジェイソン・ステイサムとジェット・リーのダブル主演の弊害がここに出てしまった。

もっと綺麗な終わらせ方があっただろうに。

ローグアサシンの簡単なストーリー(ネタバレ)

ローグアサシン

FBIアジア系組織犯罪捜査科のジョン(ジェイソン・ステイサム)とトム(テリー・チェン)。

とある捜査でマフィアの抗争に巻き込まれ、伝説の殺し屋”ローグ”と鉢合わせる。

ジョンがローグに撃たれ、止めを刺されそうになる瞬間、トムがローグの顔を撃ち、ローグは海に落ちる。

だが、ローグの死体は見つからなかった。

後日、トムの家にローグが侵入し、トムと妻と娘は殺され、家に火を放たれるのだった。

それを見たジョンはひどく落ち込む。

3年後。

ローグはヤクザの拠点に現れヤクザ達を惨殺する。

ローグはヤクザと古くから因縁のある中国系マフィアに雇われていたのだった。

ジョンはローグを捕まえるべく捜査を始める。

ローグはヤクザだけでなく、雇い主である中国系マフィアの連中も機を見て殺害。

ヤクザとマフィアを全面戦争させようとしていた。

そして、ローグは遂にヤクザのボスのシロー(石橋凌)とマフィアのボスであるチャンも殺害する。

シローを殺す間際、ローグは自分がローグに成り済ましたトムだと話す。

トムの家族が殺された事件で、妻と娘は救えなかったが、ローグを返り討ちにしていた。

そして復讐として、ローグに成り済まし雇い主に復讐していたのだ。

シローはトムを売ったのはジョンだと話す。

ジョンはシローに脅されFBIの情報を流していたのだ。

その結果、トムの家族は殺される事に。

この話を聞いたローグはジョンを呼び出す。

戦いの最中、ジョンの口からも真実が語られ、やはりジョンは情報を流していた。

ジョンはその事に後悔を滲ませていた。

トムの事を痛めつけるだけで、まさか家族全員を殺すなんて聞いてなかったのだ。

ジョンの仲間が2人の戦いを遠くから眺め、狙撃しようとしていた。

ローグを狙撃しようとした瞬間、ジョンは身を盾にしてローグを守る。

そのジョンをローグは撃つのだった。

そしてローグは車に乗り、走り出すのだった。

スポンサードサーチ

ローグアサシンの意外な結末に、驚きと残念さ。

ローグアサシン

まさかローグがトムだったなんて、、、完全に油断していたから驚いた。

確かにローグの行動は謎が多かった。

そもそも雇っていたヤクザを裏切る。

次に雇ったマフィアを裏切る。

実はヤクザに雇われてました。

でも裏切る。

何がしたいのか終盤までわからなかったのだ。

ヤクザとマフィアを全面戦争に持ち込みたいんだろうけど、殺し屋のローグに理由がない。

何なんだろう、、B級感満載だから理由なしのパターンかと思い始めた時。

まさかトムなのか、、返り討ちにしてたのか、、トム、、めちゃめちゃ強いじゃないか。

これで復讐の為の行動だったんだと納得できた。

 

ただ、ジョンよ。

残念すぎるだろ。

お前が裏切ってたなんて。

そしてトムに気づかないなんて、、、

途中、ジョンとローグが対面するシーンがあります。

そこでローグに対して言うんです。

「その目だよ。

その目は見覚えがある。

形成外科医も目だけは変えられない。

目以外は完全に別人だ。

同じ男には見えない。

だが、貴様だな。

俺には分かる」

 

いやいや、全然分かってないじゃん!

めちゃめちゃ凄んで言ったのに!

ポンコツかよ!

 

「奴(シロー)と手を切ろうとした、何度も何度も、、、許してくれるか?」

許される訳ないだろ!

何甘えた事言ってんだよ!

そりゃ撃たれるわ!

『ローグアサシン』のまとめ。

ローグアサシン

日本人じゃなければより楽しめる作品です。

特に序盤、日本語を上手く話せないのに日本人役。

酷いにもほどがあるジェイソン・ステイサムの日本語。

謎に高圧的で意味不明にサラダが食べたいとか言い出すデヴォン青木。

シローに耳を切られるケイン・コスギ。

さらに忍者みたいな奴らも出てきますからね。

全員簡単に殺されるけど。

こんなんヤクザの人が見たら怒るんじゃないかってぐらい全員弱いし頭も弱い。

 

非常に残念な日本が描かれる事に呆れます。

 

だけど、序盤さえ乗り越えればそれなりに楽しめるはず。

アクションは悪くないし、ストーリーにも驚きが隠されてるので。

ただ、ジェイソン・ステイサムが小物に感じるラストは日本の描写以上にイラつきます。

U-NEXT/PrimeVideoで配信中。

スポンサードサーチ

『ローグアサシン』のキャストの他の映画。

ジェイソン・ステイサム:『ジェイソン・ステイサム おすすめ映画ランキングまとめ


*本ページの情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。