『ラブ&ドラッグ』 ☆☆☆☆☆☆ 想像を超える重さ。 ネタバレ映画レビューブログ

ラブ&ドラッグ ☆☆☆☆☆☆




ラブ&ドラッグ

パッケージとタイトルからは想像できない重さ!

【ストーリー】

医学部中退の遊び人ジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、その口のうまさとノリでこれまでうまく世間を渡ってきた。彼は何度か転職を繰り返した末、大手企業ファイザー製薬のセールスの仕事に就く。やがて研修後にピッツバーグ配属となり、病院でパーキンソン病を患う美人で若いマギー(アン・ハサウェイ)と出会い……。

【キャスト】

ジェイク・ギレンホール:ジェイミー・ランドール

アン・ハサウェイ:マギー・マードック

オリヴァー・プラット:ブルース

ハンク・アザリア:スタン・ナイト

ジョシュ・ギャッド:ジョッシュ・ランドール

ガブリエル・マクト:トレイ・ハニガン

ジュディ・グリア:シンディ

ジョージ・シーガル:ジェームズ・ランドール

ジル・クレイバーグ:ナンシー・ランドール

【スタッフ】

監督:エドワード・ズウィック

製作総指揮:アーノン・ミルチャン/マーガレット・ライリー

原作:ジェイミー・レイディ

脚本:チャールズ・ランドルフ/エドワード・ズウィック/マーシャル・ハースコヴィッツ

音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

2010年 112分

<シネマトゥデイより>

スポンサードサーチ

ラブ&ドラッグのパッケージ詐欺。

ラブ&ドラッグ

詐欺は言い過ぎか。

タイトルの『ラブ&ドラッグ』

明るく爽やかな色調のパッケージ。

裸の2人がベッドで寄り添ってる画。

僕はてっきりセックスとドラッグ=麻薬中毒者の話だと思ってました。

だってドラッグとセックスは切れないもんでしょ?

ただ、このドラッグは薬。

真面目な方のドラッグ=お薬でした。

だからヒロインは病気です。

しかも重く、現在では治療法が確立していないパーキンソン病。

序盤の軽やかさは何処へやら。

物語が進むにつれ気持ちが滅入っていきます。

こんな話を見たかった訳じゃないのに、、

映画としては良くもなく悪くもない。

アン・ハサウェイとジェイク・ギレンホールの脱ぎっぷりに驚かされました。

以前紹介した『アン・ハサウェイ/裸の天使』より、こっちの方が裸の天使でした。

ちなみに原作は『涙と笑いの奮闘記 全米セールスNo.1に輝いた〈バイアグラ〉セールスマン』

実話が元になっています。

ラブ&ドラッグのストーリー(ネタバレ)

ラブ&ドラッグ

医学部中隊のジェイミー(ジェイク・ギレンホール)はプレイボーイ。

家電量販店で働いていたが、同僚に手を出し会社を辞める。

そんなジェイミーは大手製薬会社のファイザーの営業になる。

口が上手くノリの良いジェイミーは病院関係者と関係を持ったりして自社製品を売り込む。

ある病院でたまたま患者のマギー(アン・ハサウェイ)と出会う。

マギーは珍しい若年性アルツハイマーを患っていた。

ジェイミーはマギーに一目惚れし猛アタック。

マギーは深い関係を望まず、2人はセフレになる。

関係を続けていくうちにジェイミーはマギーにのめり込むようになる。

だが、マギーは自身が病気のせいで深い関係にはなりたくないと言う。

マギーは過去に病気のせいで傷ついた事があるのだ。

それを聞いたジェイミーは一旦引き下がる。

だが、ジェイミーのあらゆる行動にマギーは心を動かされ付き合うことに。

同じ頃、ジェイミーは一度勃起不全になる。

そこで薬マニアのマギーからファイザーが勃起薬(バイアグラ)を製造している事を聞く。

そこからジェイミーはバイアグラを売っていき、バイアグラは大ヒットする。

ある日、家に帰ったジェイミーはマギーの様子がおかしい事に気づく。

マギーは病院が休みだったせいでいつも飲んでいる薬が手に入らなかったのだ。

マギーは自分の体が思うように動かない事に苛立ちジェイミーに当たってしまう。

ジェイミーは優しくマギーを抱きしめる。

ジェイミーは仕事にマギーを連れて行く。

マギーはその現場でアルツハイマーを患ってる人の集会を見学し、彼らに勇気をもらう。

だが、ジェイミーは参加者の連れ添い人からパーキンソン病の不自由さを語られる。

マギーは生きる希望に満ちたが、ジェイミーは何とかパーキンソン病を治す為に数々の病院を巡る。

だが、ある日それに嫌気がさしたマギーはジェイミーと別れる。

マギーはジェイミーの重荷になりたくなかったのだ。

そのまま合わなくなった2人。

だが、あるレストランで偶然再会を果たす。

ジェイミーはシカゴへの栄転が決まっていたが、それを捨ててマギーと共に生きる決断をする。

マギーもジェイミーの本気さに心を動かされ、2人は一緒に暮らすのだった。

スポンサードサーチ

ラブ&ドラッグは前半と後半で、、、

ラブ&ドラッグ

ラブ&ドラッグは始まりから陽気なジェイミーが飛ばしまくる。

あらゆる女性のお客さんに手を出し、職場で同僚とセックスする。

職を変えても上司や病院の受付とセックス。

そんなジェイミーが初めて愛してると告げる人物がマギーだ。

マギーともあらゆる場所で会えばセックス。

そんな陽気で羨ましいジェイミーが途中から変わる。

と言うよりも映画が変わる。

マギーの病気にフォーカスを当てるのだ。

そこから重い雰囲気に。

パーキンソン病は厄介だ。

治療法が確立していない。

だから悪化して行くマギーを見ているとこっちも無力感に襲われる。

前半のちょいエロお気楽映画の雰囲気は何処に行ってしまったんだ、、、

ここからはお決まりの連続!

くっついて、別れて、最後はまたくっつく。

重荷になりたくない発言。

前半部分で見られたちょいエロ描写も少なく、かなり真面目な映画に。

はっきり言ってラブ&ドラッグの後半からは好きではない。

パーキンソン病と向き合う大事な部分だけど好きではない。

こんなお涙頂戴映画はいくらでもあるのだ。

 

前半部分の陽気でお気楽で製薬会社営業のジェイミーにずっと焦点を当てた物語が見たかった。

バイアグラセールスマンの話が原作だけど、その話が薄くなっていた。

ラブ&ドラッグで脱いだ2人。

主演のジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイが惜しげもなく脱ぎます。

特にシリアスで怪演する事が多いジェイク・ギレンホールには良い意味で裏切られる。

プレイボーイでイケメンだけど可愛い部分も見せて隙がある。

そして鍛え上げられた肉体。

こりゃモテるわ!

デブで情けない弟とのやりとりは必見です。

リアルなやり取りと叩き合い。

もっと2人の絡みが見たかった!

 

アン・ハサウェイは可愛すぎです。

文句なし!

ただ、ラブ&ドラッグのキャラには可愛すぎた気がする、、、

もちろんアン・ハサウェイが悪い訳じゃないですよ!

ただ、アルツハイマーを患ったヒロインを支える主人公ってストーリーに説得力がなくなる。

だってアン・ハサウェイだったら支えるに決まってません?

あんなに魅力的でキュートで美しい人います?

いないですよね?

そりゃ彼女の側にいれるならどんな犠牲でも払うわ!

って感じで見ちゃいました。

100%男目線ですみません。

スポンサードサーチ

『ラブ&ドラッグ』のまとめ

ラブ&ドラッグ

前半と後半で大きく印象の変わる映画です。

お気楽ラブコメみたいなテンションで見ると後悔するでしょう。

パーキンソン病の話はリアルで重みがあります。

ただ、その重さがこの映画にマッチしていたかと言えばそうではないと思う。

主演の2人のファンなら見て損はないです。

特にアン・ハサウェイはね。

男で嫌いな人はいないでしょう。

U-NEXTで配信中。

『ラブ&ドラッグ』のスタッフとキャストの他の映画。

監督:エドワード・ズウィック:『ブラッド・ダイヤモンド』

ジェイク・ギレンホール:『ゾディアック』/『サウスポー』/『ナイトクローラー』/『ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー』/『ノクターナル・アニマルズ』/『エンド・オブ・ウォッチ

アン・ハサウェイ:『アン・ハサウェイ/裸の天使』/『ゲットスマート』/『セレニティー:平穏の海


*本ページの情報は2018年12月時点のものです。

最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。